トルコン太郎でオイル交換

0a66546508c3d2f5627416bc5756f090_s_edite

自動車を動かすための、

・動力の伝達

・シフトの制御

・部品の潤滑や冷却と洗浄を一手に引き受ける部分

それが、オートマ(AT:オートマチックトランスミッション)

これに使われるオイルをメンテナンスしないと知らずしらずに車の性能を落としてしまいます。

車を長期間大切に乗りたいなら万全にするために2~3万キロ毎にオイルを交換しましょう。​

 

6万キロ以上走った状態の車は普通のオイル交換作業をするとATが壊れると言われていました。

 

でも、当社のオイル交換機は特別です。

 

名前を「トルコン太郎」(トルコンチェンジャー(ATF・CVTF交換機器))といいます。

 

今までは車のATを壊すかも知れなかったオイル(ATF)交換でも、安心してご依頼ください。​

 

※外車などできない車種もありますので事前にご確認ください

トルコン太郎.jpg
トルコン太郎作業写真.png

ATF/CVTオイルは走行中に発生する熱や内部の金属部品の摩耗・摩擦により生じる金属粉により劣化していきます。

 

普段毎日のように乗っているとオイルの劣化に気が付きにくいものですが、不具合症状が出てから交換するのでは手遅れになる場合も多いです。

 

劣化したオイルを交換せずに走行を続けていると、AT/CVTミッション内部に深刻なダメージを与えてしまうためです。

​​最近オイル交換をしていない方、走行距離が長い方は是非ご検討ください。

オートマチック・トランスミッション・フルード(ATF)の交換をしないとどうなる?

  • 車の発信時にモタツキを感じる

  • 燃費が悪化する

  • 加速性能が低下する

  • ギアチェンジした時のショックが大きくなる

  • ​ATに不具合が出て最悪走行不能になる

車のギアシフト

新品オイル

​古いオイル

OIL_edited.jpg

新品は赤い色をしていますが使い続けると墨汁の様な黒色になります。

車のオイルは人間でいうと「血液」にたいなものです。

血液が汚れると流れが悪くなり詰まりが生じます。

​ちょうど動脈硬化や脳梗塞が車に起こるのです。

車は乗ればのるほどオイルを汚す。

 

日本の道路はとにかく、発信と停止を繰り返します。少し加速してはすぐに信号!

一定の走行ができないので、頻繁に変則を行います。

ATに負担が多いので高温になりやすく過酷な環境です。

ほかにも無段階変則のCVTというものもあります。これは、もともと変則ショックを感じにくい装置です。

ATFは急激に劣化しないので時間をかけ徐々にオイルの影響を受けます。

​車に乗っている人は性能が落ちていることに気づかづにいることになります。

結論!オイルは定期的な交換が必要なのです!

トルコン太郎でのATF圧送交換料金表

作業別料金表です。価格は税込みです。

 

ATF CVTF 料金表

お問合せの際は、車検証に載っております車台番号をお知らせいただきますとより正確にスムーズにお見積りをお出しできます。
​※写真を撮って、LINEで送って頂くと簡単です。

見本.png

輸入車や特殊車両はお問い合わせください。
​作業はすべて予約制となっております。